Go言語・interface型を学ぶ。

もりぴ
もりぴ

Go言語のinterface型を体系的に学んでいきましょう!

Go言語のinterface型に関する、当ブログのまとめ記事です。

この記事の順番通りに学習を進めていくことで、効率よくGo言語のinterface型を学習していただけるでしょう。

interface型は特殊な型で、奥が深いので一気に理解しようとせずに学習していきましょう。

【Go言語入門】interface型の基本中の基本を理解しよう

この記事では、Go言語のinterface型とはどういった型なのかを理解していくことに重点を置いています。

Go言語のinterface型の習得の一歩です。

この記事から学べること!
  • Go言語のinterface型はどんな型なのか?
  • interface型の定義方法2種類について
  • nilについて

【Go言語入門】interface型を型アサーションの基本を理解しよう

interface型にも他の型と同様に型変換に似た機能として、型アサーションという機能があります。

まずは、型アサーションは型変換との違いや実際にコードで型アサーションの動きを確認していきます。

この記事から学べること!
  • interface型の型アサーションの基本について
  • interface型の型アサーションの注意点について

【Go言語入門】interface型・typeで効率的に型アサーション

interface型で変数宣言した値を判別し型アサーションする、switch type文について実際にプログラムを確認しながら学習できます。

switch type文は、実践のプログラミング的な動きをしますので楽しんでください。

この記事から学べること!
  • typeについて
  • typeを使ってinterface型を効率よく型アサーションする方法について
  • typeを自作関数で使ってみる

異なる構造体の型をinterfaceで共通に扱う

interface型って結局なに?と考えるよりも、interface型を活用してGoのプログラムに多様性をもたせるものと思える機能です。

記事では異なる構造体の型をinterface型を活用して、スライスに代入したりメソッドで共通の処理ができたりとアイデアではいろんなところで活躍できます。

この記事から学べること!
  • interface型を利用して型が違う構造体を一緒に扱う方法について
    1. 型の違う構造体をひとつのスライスにまとめる方法について
    2. 型の違う構造体に同じ処理の共通のメソッドで処理する方法について

Go言語のinterface型を理解していこう!

Go言語のinterface型を理解するために当ブログの記事をまとめてみました。

interface型は理解しにく点もあるので、ゆっくりとプログラムのコードを書いて動きを確認しながら学習を進めていきましょう。

もりぴ
もりぴ

焦らずに進んでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました