Go言語・制御構文を学ぶ

もりぴ
もりぴ

Go言語の制御構文を体系的に学んでいきましょう!

Go言語の制御構文に関する、当ブログのまとめ記事です。

この記事の順番通りに学習を進めていくことで、効率よくGo言語の制御構文を学習していただけるでしょう。

制御構文は他のプログラミング言語と共通する部分が多いので、もし、あなたが他のプログラミング言語を習得しているのであれば構文の違いを確かめてみましょう。

【Go言語入門】for文の基本を理解しよう

for文は繰り返し処理で利用される制御構文です。

他のプログラミング言語でも使用されていますから、まずは基本からしっかり学んでいきましょう。

この記事から学べること!
  • Go言語でのfor文の記述方法2種類ついて
  • for文で出くわす無限ループ脱出法について
  • continueとbreakについて
  • rangeを使って配列から値を出力する方法について

【Go言語入門】if文を理解しよう

if文は条件分岐で使用される制御構文です。

この記事から学べること!
  • Go言語のif文の書き方について
  • Go言語の特徴的な簡易文付きif文について
  • 簡易文付きif文で注意点について

【Go言語入門】switch文の基本を理解しよう

switch文もif文同様に条件分岐で使用される制御構文です。

if文との違いも理解していきましょう。

この記事から学べること!
  • Go言語でのswitch文の記述方法2種類について
  • switch文の記述で注意したいこと

【Go言語入門】defer(遅延処理)について理解しよう

Go言語では絶対に忘れてはいけない処理を、あらかじめ先に登録しておく制御構文としてdeferが用意されています。

実際にプログラムから動きを確認し、どんな場面で使用されるのかを理解していきましょう。

この記事から学べること!
  • defer(遅延処理)とは
  • deferを使った簡単なプログラムで動きを確認する
  • deferの注意点について
  • 参考としてdeferを使ったプログラム例を紹介

ラベル付きfor breakを理解する

ラベル付きの for break はGo言語の機能のひとつです。

あまり活用されるケースは無いかもしれませんが、並行処理の for と select の組み合わせで使用するかもしれません。

参考知識として理解しておきましょう。

この記事から学べること!
  • ラベル付きfor breakを使用するのかプログラムで動きを確認する

Go言語の制御構文をしっかり理解していきましょう!

今回は、Go言語の制御構文を理解するために当ブログの記事をまとめてみました。

上から順番に記事を読み、読むだけでなく実際にプログラムを書いて動きを確認してみましょう。

もりぴ
もりぴ

Go言語では、まだまだ覚えておくことがありますから基礎をしっかりと!ですね。

タイトルとURLをコピーしました