Go言語・構造体を学ぶ

もりぴ
もりぴ

Go言語の構造体を基礎から理解していきましょう!

Go言語の構造体の基礎に関する、当ブログのまとめ記事です。

この記事の上から順番に読み進めていくことで、構造体の基礎に関して効率よく理解していくことができるでしょう。

Go言語の構造体を理解して定義してみよう

「Go言語における構造体とは何なのか?」知り、実際にプログラムで定義するまでをお伝えしている記事となります。

イラストも少しですが混じえていますので読みやすいでしょう。

この記事から学べる内容
  • 構造体の概念について
  • プログラムでの構造体の定義方法について
  • 実際にプログラムで構造体を「型」として確認できる

構造体でポインタを使用してみよう

構造体も型なので初期化することで値を代入することができます。

関数などを利用して、構造体の値を変更するにはポインタの知識が必要となります。

構造体でのポインタの使用は、基本型と若干違いがあります。

その違いを確認しながら記事を読み進めていきましょう。

この記事から学べる内容
  • 構造体のポインタを定義する方法2種類について
  • 関数を使用してポインタの動きをプログラムで確認する

メソッドと構造体について理解しよう

Go言語では、他のプログラミング言語と違い class がありません。

ですから、構造体と関数を紐付ける方法を理解していきます。

他のプログラミング言語を習得していなくても、読み進めていける記事内容となっています。

この記事から学べる内容
  • メソッドの概念について
  • メソッドを実際にプログラムで定義する
  • 値レシーバーとポインタレシーバーについて

構造体に構造体を埋め込む

構造体も型なので、構造体を構造体に埋め込むことができます。

オブジェクト指向プログラミングを知っているかたであれば「継承」に近い機能です。

少しややこしいですが、便利な機能であることを記事で確認していただけるでしょう。

この記事から学べる内容
  • 構造体に構造体を埋め込む定義について
  • 構造体に構造体を埋め込む動作をプログラムで確認できる

構造体をmapのキーやバリューで使用する

mapは任意のキーとバリュー(値)をセットで配列として格納できる便利なデータ型です。

このmapのキーやバリューに構造体を使用することができます。

データの格納に幅を広げてくれる機能ですので、しっかりと理解していきましょう。

この記事から学べる内容
  • 構造体をmapのキーやバリューで使用する方法について
  • for range を使って値を取り出す方法について

構造体の出力結果をカスタマイズできるStringerを理解しよう

構造体の出力結果をカスタマイズする方法が理解できます。

構造体のデータとして格納してもいいけど、出力結果には表示させたくない時などに使える機能です。

fmt.Sprintf() という関数についてもお伝えしています。

この記事から学べる内容
  • stringer を使って構造体の出力結果をカスタマイズ方法について
  • fmt.Sprintf() 関数について

構造体を要素に持つスライスの定義方法

Goのプログラムでよくみかけるパターンとして、構造体を要素に持つスライスがあります。

WEBアプリ開発でデータを扱う時に役立つので確認しておきましょう!

この記事から学べる内容
  • 構造体を要素にしたスライスの基本的な定義方法について
  • 参照渡しで構造体を要素にしたスライスの定義方法について
  • make() 関数を使用した定義方法について

Go言語の構造体の基礎をしっかり理解していきましょう!

今回はGo言語の構造体の基礎を理解するための、当ブログ記事をまとめてみました。

私はGo言語の構造体を学習してからプログラミングの楽しさを知ることができましたので、あなたにも同じように感じてもらえればうれしいです。

構造体の基礎を知るだけでも、これからアプリ開発に一歩近づきます。

もりぴ
もりぴ

一気に理解するのは難しいですから、ゆっくりと進めていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました